車 保険 若い

若い 自動車保険 見積もり

 

若い 自動車保険 比較

 

若い 自動車保険 相場

 

若い 自動車保険 料金

 

若い人は車の任意保険の保険料が高いのをご存知ですか?

 

免許取り立ての頃は、運転技術が未熟なため事故を起こしやすいと考えられているからです。

 

任意保険の保険料はノンフリート等級によって大きく変わります。
ノンフリート等級はまず6等級からスタートして、1年間無事故であれば翌年は7等級にアップして保険料が割引されます。

 

これを繰り返すことで保険料が下がり、最大で20等級まで上がると約60%の割引が受けられるのです。

 

逆に事故を起こして自動車保険を使用すると1等級もしくは3等級下がり、その分翌年の保険料がアップする仕組みです。

 

この仕組みですと、どうしても若い人の保険料は高くなります。
若い人の保険料を安くするポイントはいくつかあります。

 

若い人の保険料をちょっとでも安くするポイント

1・一括見積もりサイトで複数の自動車保険会社から見積もりを取る
2・保険内容に重複する部分が無いか確認する
3・セカンドカー割引を使う(条件あり)

 

少しでも保険料を安くしたいのであれば、一括見積もりで比較するのが1番簡単で確実です。

 

 

保険料は、複数の会社を比較しなければ高いか安いか判断できません。

 

いくつか見積もりを取ると相場や最安値も確認できますし、同じ補償内容なのに2万円ほど差があったということもあります。

 

1社だけに見積もりを取って決めたり、去年のまま継続するのは保険料が勿体ないですから、ぜひ比較してみてくださいね。

 

 

自動車任意保険の補償

 

若い 自動車保険 補償

 

では任意保険にはどのような補償内容があるのでしょうか?
大きく分けると4種類の補償があります。
@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険です。

 

@対人賠償:契約車両で他人を怪我・傷害・死亡させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

A対物賠償:契約車両で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

B人身傷害:契約車両に乗車中の自分・同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

C車両保険:契約車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。
補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

この他に、上乗せや特約などを付加して自分のピッタリの任意保険にカスタマイズしていきます。

 

保険会社によっては特約がもともとついているものもありますので、しっかり内容を確認してくださいね。

 

<特約の一例>
・対物超修理費用(車の時価価値以上の修理費がかかった場合に必要)

 

・搭乗者傷害特約(自分や同乗者が死傷した場合に、保険金をもらうために必要で人身傷害の上乗せとなり、事故後速やかに保険金を受取ることができます。)

 

・弁護士特約(こちらに非がない「もらい事故」の場合、任意保険の担当者は交渉できないので弁護士にはいってもらうのに必要)

 

 

 

 

 

自動車保険 一番安いところ セカンドカー割引 見積もり プリウス 保険料 安く