車 保険 若い

 

若い人の任意保険料を1番安くする方法

車 保険 若い

自動車 保険 若い

車 保険 若者

自動車保険 若い

車 保険 若い

 

若い人は車の任意保険の保険料が高いのをご存知ですか?

 

免許取り立ての頃は、運転技術が未熟なため事故を起こしやすいと考えられます。

 

任意保険のノンフリート等級は6等級からスタートし、無事故であれば翌年は7等級になり保険料が下がり、最大20等級まで上がります。
逆に事故を起こすと3等級下がり、その分保険料もアップしていく仕組みです。

 

若い人の保険料をちょっとでも安くするポイント

1・一括見積もりサイトで複数の自動車保険会社から見積もりを取る
2・一家で2台の車を所有しているときは保険をまとめ、保険内容に重複する部分が無いようにする
3・セカンドカー割引を使う

 

2と3は一家で2台目を所有していること、同じ家に住んでいること、新車であることなどいろいろな条件があります。

 

しかし1番の「自動車保険一括見積もりサイト」で複数の業者から見積もりを取るという方法は簡単ですね。

 

 

保険料は、比較しなければ高いか安いか判断できません。

 

いくつか見積もりを取ると、同じ補償内容なのに2万円ほど差があったということもあります。
若い人は必然的に保険料が高くなるので、新車ではなく中古車を購入して車両保険分を節約するという人もいらっしゃいます。

 

保険料を含めて車の維持費はかかりますので、運転技術が上達するまではそれもいい方法かと思います。

 

 

 

自動車保険のしくみ

 

自動車保険のしくみ

 

車を運転するなら自動車任意保険への加入は必要です。
誰しも交通事故をしようと思っているわけではなく、誰にでも起こりうるものですから交通事故への備えましょう。

 

たまに強制保険である自賠責保険に加入しているのだから、大丈夫だと思っている人がいます。
しかしそれでは本当に事故に遭ったときには全然足らないのです。

 

自動車任意保険は、自賠責保険では補償されない部分を補うものです。
自賠責保険は事故の被害者の怪我や障害、死亡した場合しか保険金が下りません。
しかもそれも十分な金額ではないので、もし相手を死亡させてしまったら数億円の賠償金を全額自賠責保険で賄えるというものではないのです。

 

任意保険の補償には大きく分けて4種類あります。

 

事故相手への補償は@対人賠償A事故相手の車や電柱などへの補償は対物賠償です。
自分への補償にはB人身傷害(さらに搭乗者傷害の特約も)、C自分の車への補償が車両保険です。

 

大きく分けると自動車保険は、この4つ@対人賠償・A対物賠償・B人身傷害・C車両保険の組み合わせで決まるのです。
このほかに弁護士特約やバイク特約などの特約をつけることで、自分に合った形にカスタマイズされます。

 

ですから自動車保険は全く加入条件が同じという人はまずいないのです。

 

 

 

 

 

自動車保険 一番安いところ セカンドカー割引 見積もり プリウス 保険料 安く