無事故 事故有 ノンフリート等級

「無事故」と「事故有」のノンフリート等級

ノンフリート等級 事故有 事故無

 

自動車保険のノンフリート等級は保険料の割引・割増料金を管理しています。
実はこの管理表には「無事故」と「事故有」の2種類があって、どちらが適用されるかで保険料が変わります。

 

つまり同じ10等級でも「無事故」であれば45%の割引率なのに対して、「事故有」では27%の割引率しかないのです。
事故を起こすとノンフリート等級が「事故有」に変わるため、翌年の保険料がはね上がるという結果になるわけです。

 

では一度交通事故を起こしたら、ずっと「事故有」の管理表を使わなければならないのでしょうか?

 

いいえ。そんなことはありません。

 

3年間無事故で自動車保険を使用しなければ「無事故」の管理表に戻ることができます。
だからもし事故を起こしてしまっても戻れる可能性がありますから、その後は安全運転に心がけて車に乗ってくださいね。

 

さて、「事故有」の管理表になってしまうと3年間は戻れませんし、その間は自動車保険の保険料がアップしますね。
これは3年間で10万円以上のアップになると言えます。

 

そうとなると10〜15万円の保険金を請求するような小さな事故であれば、保険を使用せず自腹で支払った方が保険料のアップよりも安上がりなケースが出てきます。

 

保険金が15万円以下と安い場合は、翌年から3年間でどれだけ保険料がアップするかを自動車保険会社に聞いて、どちらが得なのか検討してみましょう。