等級がダウン 事故

等級がダウンする事故

等級ダウン 事故

 

自動車保険はノンフリート等級で管理されていますので、無事故であればどんどん等級が1年毎に上がって行くのはわかりました。
では事故を起こして自動車保険を利用した場合はどうなるのでしょう?

 

自動車事故を起こすと、通常は翌年のノンフリート等級がダウンして保険料がアップします。
それは想像がつくと思いますが、ではどのくらいダウンするのでしょう?

 

それは事故によって「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」の3つに分けられます。

 

1:3等級ダウン事故
契約車両による交通事故により対人賠償・対物賠償・車両保険が支払われた場合。
1等級ダウン事故・ノーカウント事故以外のものは3等級ダウン事故です。

 

2:1等級ダウン事故
契約車両が盗難・台風・洪水・落書き・イタズラ・窓ガラス破損などによって車両保険が支払われた場合。

 

3:ノーカウント事故
人身傷害・搭乗者傷害の保険金のみが支払われた場合、弁護士費用特約のみが支払われた場合、ファミリーバイク特約のみを使った場合などはノーカウント事故となり、ほかに等級が下がる事故がないなら翌年度は1等級上がります。

 

自動車保険を使ったからと言って、何でもかんでもノンフリート等級がダウンするわけではないのです。

 

3等級ダウンすると翌年の保険料はアップするのですが、そのアップする金額と車の修理費用で、修理費用のほうが安ければ自費で直すという選択肢もあります。